春日学園

園長のつぶやき

カテゴリ:雑感

一つの泉

2017.7.29

昔、今から30年以上前のことです。当時勤務していた某地元金融機関の上司(O係長)のことを少々。先日、いつもの出勤途中の僕の前をBMWが走っていました。ビーエム(ぼくらの世代はこう呼びます。ベンベーなんて言う人もいましたが)も大きくなったなあと思いながら、そういえば、昔、O係長にビーエム借りてたことがあったなと、30年以上前の記憶が鮮明に浮かんできたわけです。ガレージから出すときに少しぶつけてしまったんですが、O係長は「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」って気にも留めない様子。「いい人だったなあって」懐かしく思い出したりしてたんです。お金持ちの余裕って言うんですかね。欲がないというか、ギラギラしてないスマートな人でしたね。「俺はどうせここ辞めるんで」が口癖でしたね。まあ、僕の方が先に辞めたもので、その後はどうされたのか分からないままだったんですが。そんなことを何気なく思い出しながら、職場につくと、待っていたのは、O係長の訃報でした。64歳だったと。良くしてもらったのに、迷惑かけたのに・・・優しくというか、親切にした貰った人に何も返せないまま別れてしまうってことが(大げさに言うと)人生にはあるのかなと(言い訳ですがね)。これもお世話になった人が言ってくれたんですが、「世の中はね、一つの泉なんだよ。どこかでこぼしたら、どこかで注げばいいんだよ。」ってね。まだまだこぼした方が多いのかな。ご冥福をお祈りします。

地域の若いお母さんやご高齢の方を支援することも大切な仕事だと考えています。

2017.5.31

以前にも書いたのですが、私たち春gakuは地域社会に貢献する取組として、地域の独居高齢者の方や、子育て世帯、経済的に困窮する人たちを支援するため、無料又は低額な料金で福祉サービスを積極的に提供することを経営の原則としています。ですから、地域の若いお母さんやご高齢の方を支援することも大切な仕事だと考えています。制度や前例に捉われない自由な発想で、出来ることを頑張りたいと思っています。僕はこのことを忘れないように、数カ月に一度同じことを書きます。

人間万事塞翁が馬

2017.1.12

地元の神社で、本殿への一番乗りを目指して農道を駆けるイベント「福男・福女選び」が開催されました。春gakuのスプリンターR君も参加し、見事3位に入りました。ところで、「福」って何なのか、「運が良いこと、しあわせなこと」ってウィキペディアにはありますが・・・長い人生、ずっと運が良かったり、しあわせだったりすればいいのですが、そんなことはあるはずもなくて(と思っている)、人それぞれに幸不幸の繰り返しなのではないのかと思うわけです。『昔、中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。「このことが幸福にならないとも限らないよ。」そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。「このことが災いにならないとも限らないよ。」しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。「このことが幸福にならないとも限らないよ。」1年が経ったころ異民族たちが襲撃してきました。近くの若者はすべて戦いに行き、その多くはその戦争で死んでしまいました。しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。「老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。」』まったく禍福というのは予測できないものですね。

瞳はダイヤモンド

2016.9.23

今日、高校生の来期採用者の面接をさせてもらいました。男女各1名だったのですが、どちらも素直で、少し意地悪な質問にも真っ直ぐに答えてくれました。働きながら看護師を目指す女子学生のAさん、中学校から高校まで皆勤賞のR君、君たちのキラキラした瞳が曇ることのないよう、10年後、20年後の未来が輝くよう、今の僕たちが頑張ろうと思いました。皆、明るい未来に就職希望ですよね。

多様性は可能性

2016.9.17

①多様性は可能性。一枚岩よりずっと強い。②リーダーが御用聞きになってはいけない。職員の意見を聞くのはいいが、ただそれだけでは御用聞きになる。③過ぎたるは及ばざるより勝れり。思いついたことはとにかくやっみる。これがいつも考えている行動の基準です。とりあえず。

30年前の記憶

2016.9.14

今している仕事は、平成29年度の期首残高を確定するための30年前の記憶と記録の掘り返し。面倒な仕事なんですが、これが結構面白いんです。犬神家の家系図を遡るがごとく、本部の倉庫でセピア色の書類をみながら、諸先輩たちの仕事の軌跡を追っています。何故っていうのは説明がちと難しいのですが、定年退職されたOBさんたちから話を聞いたり、開けたことがないロッカーから古い書類を探したり、ほんの30年前の記録なの分からないことが多い(涙)。うちの法人、30年前に大きな変革がありまして、一部記憶が飛んじゃっているところがありまして・・・でも、結構ちゃんとしているところもあって、勉強になったりします。若いころよく先輩に言われました。『君がいなくなったときに、君の評価がわかるんだぞ。』って。今、法人の歴史の一端を垣間見ながら、30年後の後輩が僕の仕事を見てどう評価するのかなって、「何やってたんですかね」って言われないように頑張ろうとか思ったりしています。

慎独(しんどく)

2016.9.2

「自分一人でいるときでも身をつつしみ,道をはずれないようにすること。」だそうです。恥ずかしながら、初めて聞く言葉です。「人が見ていないところでこそ慎む。」このことはそんなに難しいことなのか?もしかしたら、少数派の格言なのかも。うちの子たちを見ていると、人が見ていない時には結構慎ましやかで、人が見ている時に悪戯する子が多いようにも思います。自分のことを考えても、一人でいるときのほうがいい人だったり、一生懸命仕事をしたりします。ほとんどの人ってそうなのかも。意味、間違えてますか?

Beautiful Name

2016.8.14

今朝、うちの奥さんが「スマップ解散・・・」って言いました。「えっ!そうなの?」と僕が・・・。その名前「スマップ(SMAP)」。最初の頃、単純な名前だなあってっていう印象がありました。みんなそうなんだけど、名前って、自分で大きくしたり、カッコよくよくするものなんだって、40過ぎた頃からつくづく思うようになりました。「さんま」「タモリ」なんかもそうですよね。うちの業界というか、特に高齢者の事業所なんかでよくある名前、いかにもってっていうのがありますよね(支障があるので例は申しませんが)。「春日学園」単純な名前だと思いませんか?春日町にあるからです(たぶん)。今年で55年目を迎えています。少しは大きくなりましたか「名前」。あっ、解散のことは次回に。

草刈り十字軍

2016.6.25

ここは田舎なので、どこを見ても草草草が生い茂っています。今は、一年を通して一番草の生い茂る時季です。尤も、それには植物側の理由があって、必ずしも人間がきれいに草を刈っていることが良いことなのかどうなのか・・・。まあ、それは置いといて、今日の新聞に「草刈り十字軍」が今年を限りに終わるという記事が出ていました。学生の頃、参加しようと思ったことがあります(いや誘われただけですが)。毎年、夏になると「草刈り十字軍」のことがどこか頭の中にあって、まだ続いているんだろうかとか、今でもカマで草刈ってるんだろうかとか、「草刈り十字軍」のことなんて誰ももう忘れてしまったんだろうとか・・・。この活動を始められた足立原先生もすでに85歳になっておられるとか。1974年から数えて43年目の夏、富山を森林文化県にしようと始まった環境ボランティアが今夏で幕を下ろします。3万数千人の参加者の皆さん、お疲れ様でした。

集団生活というルール

2016.6.7

「集団生活ですから。」とよく聞きます。「だから?」と思います。集団生活ですから規則を守りましょう、集団生活ですから時間どおりお風呂に入ってください。集団生活ですから・・・と集団生活していない自分が言う。春日学園は集団生活を目的にした場所ではなく、結果的に集団生活になっているにすぎない。学校でもルール、帰ってからもルール。家に帰ったら好きなようにしたい。いつまでルールに縛られるのか。きっと死ぬまで。棺に入れるものまでルールってか。

このページの先頭へ

Copyright © 2016-2020 kasugagakuen. All Rights Reserved.