春日学園

園長のつぶやき

2016年08月の投稿

少年H

2016.8.28

緑色に12番と書いたTシャツが印象的な少年H。この夏、一時的にお預かりした彼は、人懐っこい笑顔とどこか懐かしい夏の臭いのする小学2年生。阪急電車が好きでかわいい悪戯もする。一時的なお預かりなので、夏休みが終わると帰ってしまいます。元気で、笑顔で、2学期を迎えられたらいいですね。

夏よ、さよならの夕べ

2016.8.24

「夏よ、さよならの夕べ」この何ともノスタルジックなタイトル。敬愛するK園長が命名された夏の終わりのイベントの名前です。昨夕、このイベントの名残である「花火大会」がお隣の施設の保護者様のご協力で開催されました。たくさんの打上げ花火や手持ち花火、うちの子どもたちもキャーキャー言って参加させてもらいました。アイスクリームなんかもごちそうになって、終わりのお礼のあいさつは、高等部3年生のN君がバッチリ〆てくれました。夏休みもあと1週間、短期で来てた子ももうすぐお別れです。暑い暑いと言っていた子たちも日常に戻ります。むかし、ダサい名前だなあって思っていた「夏よ、さよならの夕べ」、結構インパクトありますよね。K園長、今年の花火どうでしたか?天の上から見えましたか?

相模原のこと

2016.8.19

記憶に新しいというか、真っ只中というか、大きなショック故にこれに触れることを避けてきたようにも思います。先月26日に起きた19名の方が亡くなり、26名が負傷した事件。今後の対策は?警備員を配置するのか、フェンスを高くするのか、いろいろな考え方があって、具体的な対策はまだまだこれから。①ショックで怖い②「障害者は・・・」といった配慮の無い報道③支援者を信じられない等々・・・これは、障害を持った人のこの事件の感想というか想い。我々が先ず行うべきは、信頼を回復する事。犯人は『元職員』だったという・・・このことがあまりにも強調されすぎて(不適格で免職処分を受けたにも関わらず)、支援者である我々の信頼を崩してしまった。警備を強化することも必要なのかもしれないが、先ず、行うべきは施設を利用している人の心のケアではないのかと思う。

Beautiful Name

2016.8.14

今朝、うちの奥さんが「スマップ解散・・・」って言いました。「えっ!そうなの?」と僕が・・・。その名前「スマップ(SMAP)」。最初の頃、単純な名前だなあってっていう印象がありました。みんなそうなんだけど、名前って、自分で大きくしたり、カッコよくよくするものなんだって、40過ぎた頃からつくづく思うようになりました。「さんま」「タモリ」なんかもそうですよね。うちの業界というか、特に高齢者の事業所なんかでよくある名前、いかにもってっていうのがありますよね(支障があるので例は申しませんが)。「春日学園」単純な名前だと思いませんか?春日町にあるからです(たぶん)。今年で55年目を迎えています。少しは大きくなりましたか「名前」。あっ、解散のことは次回に。

追悼

2016.8.12

520人の方が犠牲になった日航ジャンボ機事故から今日で31年になりました。1985年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い520人が犠牲になりました。その頃はまだ僕も独身で、社会人4年目の夏でした。突然、テレビの番組がニュースに変わったのを覚えています。あれから31年、うちの職員さんの殆どは埋めれる前の話(ですか?)。毎年、8月になると思い出すのは原爆よりも、終戦よりも、はたまた清原の高校野球よりも、1985年8月12日(月)の日航ジャンボ機墜落事故です。

夏の大三角

2016.8.8

「こと座」のベガ、「わし座」のアルタイル、「はくちょう座」のデネブ。この3つの星を結んだ三角形を「夏の大三角」と言います。今の時期は、ベガ(一番長い辺を底辺とする頂点)が頭の真上に見えます。今夏の最高気温を更新した7日、やっと涼しくなった午後9時ごろ、空には薄い筋状の雲と三日月が出ていました。小学校の夏休み、裏庭で父が空を指さして星座を教えてくれたことをこの季節になると思い出します。貴方も、夏の夜に輝く大三角見つけてみませんか?スマホで捜すモンスターよりグッときますよ。

このページの先頭へ

Copyright © 2016-2020 kasugagakuen. All Rights Reserved.